新潟まち歩きコース

予約のいらないまち歩き 新潟シティガイドご案内チラシ

みなとまち新潟の魅力を約2時間のコースを歩いてご案内します。【エリアコース】が4エリア18コース、【テーマコース】が3コース。各コース紹介をご覧いただき、興味をお持ちいただいたコースにお申し込みください。なお、施設については一部テーマコースを除き外観からの説明となりますので、あらかじめご了承ください。
各コースのガイド役は、新潟市が主催した「みなとまち新潟観光ボランティアガイド養成講座」を受講した市民スタッフです。ガイドとともに、北前船の寄港した「みなとまち新潟」の探訪をぜひお楽しみください。また、事前予約が不要な定時出発コースもありますので、こちらもぜひご利用ください。

沼垂エリアの見どころ

沼垂は江戸時代に4度の町の移転を行った珍しい町。流作場地域には萬代橋があり、旧信越線が通っていました。古い伝説や歴史遺産が残る沼垂町は、約100年前に新潟市と合併(1941年:大正3年)した町で、その旧跡などを訪ねます。

コース紹介

(1)沼垂町並み散策コース

江戸時代4度の町移転をした沼垂。伝承を残す寺社と発酵の町並みを巡ります。

東地区総合庁舎小唄勝太郎の碑 法光院
沼垂テラス商店街沼垂沼垂白山神社蒲原神社 ほんぽーと
蒲原神社
蒲原神社
小唄勝太郎像
小唄勝太郎像

(2)沼垂小路巡りコース

沼垂町定住より、330年余り。歴史ある町屋を繋ぐ小路を巡ると往時の息吹が感じられます。

東地区総合庁舎百川小路清左衛門小路
朗小路 → 孫助小路 → おかめ小路 → ほんぽーと
朗小路
朗小路
孫助小路
孫助小路

(3)新潟日報メディアシップと萬代橋・流作場界隈コース

かつて、旧信越線が走り、流作場といわれた地域が、今は、県下一の繁華街に変貌した今昔の歴史を訪ねるまち歩きです。

新潟日報メディアシップ万代クロッシング三社神社
本立寺 → 古信濃川排水機場 → 流作場五差路 → 弁天公園
新潟日報メディアシップ
新潟日報メディアシップ
流作場五差路
流作場五差路